働いても賃金年50万円未満 障害年金受給者の半数

●東京新聞よりtoukyousinnbun 2016年1月6日 
 
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016010501001104.html

 障害年金を受け取りながら仕事をしている人の半数近くは年間の賃金が50万
円に届かないことが、5日までに厚生労働省がまとめた受給者実態調査で分かっ
た。
 就業や仕事の継続を理由に障害年金を打ち切られたり減らされたりするケース
が相次いでいるが、労働収入だけでは生活できない人が多いことが浮き彫りにな
った。
 調査は障害年金の受給者約194万人のうち、無作為に抽出した2万3千人を
対象に2014年12月に実施。その結果、就業している人は27・6%で、全
体では約54万人が仕事に就いていると推計された。
 就業による収入が年200万円未満という人が81・1%を占め、50万円未
満に限っても47・5%に上った。一方、400万円以上の人は5・7%にとど
まった。
 受給者世帯の障害年金を含む全収入は、中央値が年183万円。国民生活基礎
調査の中央値(415万円)の半分にも満たなかった。
 障害年金の支給額は基礎1級で月約8万1千円、2級月約6万5千円。

*******
以上の基になった情報は12月25日に厚労省ホームページで公表された
「平成26年障害年金受給者実態調査の結果」で調査結果の全体は以下のリンクから見
られます。
なお、上記記事の「賃金」は「労働による収入」のことで、いわゆる「工賃」も含ま
れています。
一般の方向けに「賃金」という表現が使われています。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001142349

ちなみに、前回5年前の結果はこちらです。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001028401&


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です