・全国大会を終わって、猛暑の中での編集作業となりましたが、今号は「特集」として、大西孝志先生に、「通級による指導のこれから~担当教員の基礎定数化の先にあるもの~」と題してご執筆いただきました。特集をテキストにして、各親の会の役員を中心に学習会をすすめていただきたいと思います。

・全国大会は、四国の各県の方々、とりわけ香川県親の会のご奮闘で、430人が集い、成功のうちに終・全国大会を終わって、猛暑の中での編集作業となりましたが、今号は「特集」として、大西孝志先生に、「わりました。今号では、概要を紹介し、次号で内容を「特集」する予定です。

・巻頭の「提言」では、両親指導の手引き書(パンフレット)の普及について、取り上げました。この夏、筆者は各地の親の会や先生方の研修会に参加したり、講師を務めたりしましたが、私たちの会が発行している43冊の「両親指導の手引き書」のすばらしい値打ちを改めて、痛感しました。まさに「子育ての宝物」だと思いました。パンフレットの普及は、会の貴重な財源にもなります。力を合わせて、普及と活用に努力しましょう。

「ことば」個人定期購入者募集中

親の会組織のない地域の方々から、中央や他県の情報、子育ての力になる内容なので読みたいという申し込みがあります。ご希望の方は下記にお申し込みください。事務手数料(送料込)年1,000円

申込先  〒105-0012 東京都港区芝大門1-10-1 全国ことばを育む会 TEL・FAX 03-6459-0989


第27回全国大会を香川県で開催しました。

NPO法人全国ことばを育む会 第27回全国大会四国大会in香川が、香川県高松市の高松シンボルタワーで8月5日、6日に開催されました。

全国各県からスタッフを含め400名を超える方々にご参加いただきました。

「人と人とがつながる支援」をテーマに講演会や分科会が行われました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。また四国4県の親の会の皆様、とくに開催地の香川県ことばを育む親の会の皆様には大変お世話になりました。

次回は、平成31年第28回全国大会長野大会でお目にかかりましょう。