東北ブロック」カテゴリーアーカイブ

第58回青森県知的障害研究大会西北大会での竹ケ原克哉さん(全国ことばを育む会事務局)の挨拶

EPSON MFP image

大会開催によせて 
青森県ことばと心を育む会 副会長 竹ケ原克哉

全国ことばを育む会の事務局員もさせて頂いております副会長の竹ケ原と申します。会長に代わりまして御礼とご挨拶を述べさせて頂きます。本年も熱意あふれる先生方により本大会が盛大に開催されますことに,親の会を代表し深く感謝申し上げます。

最近、障がい児への➀最悪➁最善の各対応の報告に触れ涙しました。
➀は「手をつなぐ 」2015 年5 ・6月号。2013年に千葉県立の知的障害児施設で(暴行を他人に)話せない障がい者に対し、大声をあげたという理由で職員達が殴る蹴るの末19才の男性が多臓器不全で死亡。検証委によると2005~13年に15人の職員による虐待が続いていた。被害者には自傷他害があったがそれも虐待が原因ではないかということ。

障がい者を人間とも思わない差別・人権侵害の極致ではないでしょうか。裁判での母親の証言/高2の頃家に帰った時 「 アルバムを出して来て『お母さん』『おばあちゃん』『ヘリコプター』(小さい頃好きだった)と指さして見つめていた 。今思えば、落ち着くものを求めていたのかもしれない。当時は職員を信じていたが、こんなことになって毎日のように多くの職員から暴行を受けていたせいだとわかった。 『 お母さん、助けて』と声に出したかったはず。 気づいてあげられなかったことが本当に悔しい。」・・・。

➁は「 障害者問題研究」2015第43巻第l号p.58 養護学校高等部2年まで問題行動ばかり、ことばはなく自傷他害,強度行動障害でどの施設にも断られ,学校以外は父母が見るも疲労極限,本人は多量の向精神薬の影響もあり 夜l時過ぎから起きてしまう ,不快な興奮状態 ・眠気の繰り返し ・90kg超の肥満 ・ ・。ある先生が2名の若手教員と共に3年生の1年間,彼を含む5名の重度重複学級の担任となり、彼の気持ちに寄り添い理解しようと努力し 本人主体に働きかけた結果,自傷他害が治まりある程度作業もできるようになり30kg近い減量に成功 ,努力の結果卒業後の施設入所も 実現 ・ ・。

私の話は拙すぎます、結果より 本人の気持ちを理解して行く過程がすばらしいのです。県内の話です 。親はもちろん子のためには精一杯のことをします。 しかしやはり先生はプロです 。障がいに向き 合う先生方の力はすごい 。涙が出る程ありがたいと思います。

大会の趣旨に「今後は更に 通常の学級に在籍し 個別に配慮を 必要とする子供に対する合理的配慮をも充実させていく必要があります。」 と加わっております。現在では,通常学級の先生方も 全員が特別支援教育の研修を受けていると耳にし大変うれしく感じております。更に,大会においででない学校もまだ多いですが,校長先生にはぜひ l名は派遣頂き ,学校に戻ったら伝達講習をお願いしたいです。

まだ遠い目標ですが、障害者権利条約によると 障がい児も地元で十分な教育を受けられる権利が、健常者と平等にあるとされ、それを目指すためには加配増も大変重要なところ、2015年6月に財政制度等審議会で加配削減の提案がされました。

親としては納得がいきません。 また「 共生社会」を目指すためには、通常の生徒達にも障がい理解の教育が必要です。特に中学校で,軽度の生徒への蔑視や無視などはないでしょうか。もし中学校がそうだと、社会もその延長になり ます。先生がその子を思いやって言葉をかけて下さるだけでも他の生徒の意識は変わると思います。

将来 ( 特に障がいへの無知からの)差別が無い社会になることが,大会主題の 「自立」と 「社会参加」実現のためぜひ必要と思います。さらにできれば次のようなことを教えていただけると幸いです。重い知的障がいがあると言葉を理解できなくて、自分が言いたいことを誰にも理解してもらえなかったり、叱られでもなぜ叱られたのかが理解できなかっ たりそんなストレスが思い出されて突然大声をあげたりする人もいます。

でも喜怒哀楽は皆さんと変わりません。お父さんお母さんや友達が好きだし、やさしい気持ちも持っている 。馬鹿にされれば悲しいし、暴力を受ければ痛いし心が傷つくし怒りも沸く 。本当に普通のクラスメイトであり 地域の住人であり人間です。たとえその人が他人に話せないとしても殴っ たり蹴ったりするなんてとんでもないこと・・・。 そんな時には守ってあげなければなりませんと。

むずかしい問題だけれど 先生方には変えていく力があると思います。


福島県から朗報 聴覚障害者のバスケ世界選手権に選ばれる

deeいつもお世話になっています。朗報が入りましたのでお知らせいたします。本会の副会長のご子息が最年少で、聴覚障害者のバスケット世界選手権の日本代表に選ばれました。現在県立聾学校高等部2年生です。選出時は、1年生でした。親子で、家族全員で彼を支え、月に数回県外のクラブに参加して練習に励んでの日本代表です。県内では、民放各局とNHKの取材を受け放映されました。福島県としても、彼を全面的に応援していきたいと思います.                              理事 佐伯 英俊


青森県で特別支援教育に関する3つの合同大会が開かれました。

aomoritaikai
 青森県では10月10日に、第57回青森県知的障害教育研究大会下北大会、第40回青特研知的障害教育部会特別支援学校支部研究大会むつ大会、第45回青森県言語障がい児教育研究大会下北大会の3つの合同大会が約500名の参加で開かれました。
この大会には、当会の特任事務局員であり「青森県ことばと心を育む会」副会長の竹ケ原克哉さんが大会役員として参加されました。
また、「大会開催によせて」として、青森県ことばを育む会の天内幸子会長のあいさつが大会要項に掲載されています。現在の特別支援教育をめぐる状況や親の想い、青森県での取り組みなど、大変参考になる文章です。ぜひご一読ください。

                  大会開催によせて
                                  青森県ことばと心を育む会
                                  会 長 天 内 幸 子

3大会の合同開催にあたり、当会を代表致しましてご挨拶と御礼を申し上げます。
私達、降がいのある子の親にとりまして、毎年のこの大会で、子ども達のために懸命に学ぼうとする県内の多くの先生方の熱意・熱気に触れる時、本当に涙が出そうな程ありがたく感じます。
青森県では昭和42年に弘前市の第二大成小学校に県内初の「ことばの教室親の会」ができました。その後県内の親の会が集まって「青森県ことばと心を育てる会」を結成したのが昭和50年ですから当会は40年近い歴史があり、私はその12代目の会長に当たります。現在では、県内11の地区に13の親の会があって122家族の会員を擁し、上部組織の「NPO法人 全国ことばを育む会」と連携もしております。また県知事・教育長への陳情を続けております。

平成19年から中学枚への通級指導教室設置をお願いして参りましたところ、平成22年に八戸市立第三中学校に、平成24年には十和田市立三本木中学校と弘前市立東中学校に設置をいただいております。また、平成24年、25年と「軽中度難聴児への補聴器購入費助成制度の導入」をお願い致しましたところ、平成26年4月から導入して下さり、県内全市町村で一斉に助成が開始されました。この場をお借りして県知事・教育長をはじめ担当部署各位に厚く感謝致しますとともに、今後も子ども達のために何が望ましいのかを私達なりに聞き、感じ、考えてお願いし続けて参る所存です。

特別支援教育の開始から7年、青森県では校内委員会の設置率が99.5%、特別支援教育コーディネーター指名率が99.8%です。でも委員会の開催回数が年0回~2回が55.1%では実効性に疑問を感じます。また自分の学校にコーディネーターがいてどの先生がそうなのか、ということを何割程の親が知っているのか‥。私は、先生方がそのことを大きな声で言えないのは、親達に障がいについてまだ偏見(差別感)があるからではないか、本当の共生というのはまだまだなのではないか‥と感じてしまいます。

本年1月20日に「障害者権利条約の批准」というすばらしいことがありました。当会も平成24年10月に全国ことばを育む会の東北ブロック代表者会議を三沢市で開催した際に、弘前大学の安藤房治教授に「障害者権利条約と今後の特別支援教育」という演題のご講義をいただく等の勉強をして参りました。過去に、下の子に障害があることがわかり、上の子と一緒に学校に通う姿を描いていたのに遠くの養護学校に通わなければならない、と泣いた親がおりました。条約には「締約国は次のことを確保する。障害者が、他の者との平等を基礎として、自己の生活する地域社会において、障害者を包容し、質が高く、かつ、無償の初等教育を享受することができること‥」と光輝くような文言が載っています。障がい者制度改革推進会議では当初、養護学校は隔離だ差別だ廃止しろというとんでもない意見も出て、養護学校のPTA代表が養護学校はいかにすばらしい教育をして下さっているか、学校に通うことは我が子の生活の一部です、と養護学校を擁護する意見を述べる等の混乱もあったと聞きます。

今の文科省は「基本的な方向性としては、障害のある子どもと障害のない子どもが、できるだけ同じ場で共に学ぶことを目指すべきである。その場合には、それぞれの子どもが、授業内容が分かり学習活動に参加している実感・達成感を持ちながら、充実した時間を過ごしつつ、生きる力を身に付けていけるかどうか、これが最も本質的な視点であり、そのための環境整備が必要である。」と整理しております。今後ますます、条約が教育にとっても大きな指標となって行くと思います。ここで視覚障害をお持ちの藤井克徳氏の一句「締結の 前と後との 暮らしぶり 転機にせねば 2014年」真に子ども達のためを願う人達が集うこの大会が本当の共生を目指す転機の第一歩と
なることを願って!


第46回岩手県ことばを育む親の会大会「胆江大会」開催

平成26年6月28日、第46回岩手県ことばを育む親の会大会が奥州市文化会館(Zホール)で行われました。この大会は奥州支部と金ヶ崎支部が協力して運営にあたり,「親の会の原点を知り,根強い活動につなげよう」の大会主題のもと,400名が参加しました。
iwate
大会では,きこえとことばの教室に通級し学習した経験や親の会の活動の経験の発表が行われました。また,元奥州市教育委員会委員長で岩手のことばを語る会副会長の鈴木秀悦先生から「笑いあり涙あり ことばは心をつなぐ」と題して,ご講演をいただきました。

昨年,岩手県内すべての市町村にことばの教室が設置されました。岩手の子どもたちのきこえ,ことばを育む環境は全国に誇れるほど充実したものになってきています。一方,LD教室や幼児教室の設置など今後取り組まなければならない課題があります。沿岸の地域では,東日本大震災の影響もまだまだ残ってます。来年度,親の会結成50周年を迎えるにあたり,私たち親の会がどうあればよいのか,子どもたちに何ができるのかもう一度見直す時期だと改めて感じた大会でした。

iwatw2


再掲。青森県で補聴器補助が始まりした。

以前、お知らせしましたように、青森県ことばと心を育む会の長年の県への陳情が実を結び、補聴器補助が青森県でも始まりました。
地元紙デーリー東北の記事の全文が手に入りましたので、アップいたします。

青森県内
難聴児意思疎通向上へ 軽中度対象に補聴器購入補助 自己負担三分の一に

小さな声が聞き取りづらかったり、普段の会話に不自由したりする軽度、中等度の難聴児。健常な子どもに比べると、語彙(ごい)の数が少なく、発音も苦手なケースが多いという。これらのハンディの克服には、乳幼児の段階で障害を発見し、早めに補聴器を着けて言語訓練を実施することが重要。青森県は2014年度に補聴器の購入費の一部を助成し、コミュニケーション能力の向上を図り、保護者の負担軽減にもつなげたい考えだ。 
身体障害者手帳の交付対象となる聴力レベルが70デシベル以上の難聴児は、原則1割負担で補聴器を購入することができる。ただ、30〜40デシベルの軽度、40〜70デシベルの中等度の場合は助成制度がなかった。
補聴器は一般的な価格が、片耳当たり5万〜13万円程度と高額。雑音が入らない高性能なものだと30万円以上するため、保護者の重い負担になっている。
県障害福祉課によると、軽度、中等度の難聴児は普遍学級で学ぶことが多いが、長い文章や難しい単語の意味が分からず、授業についていけないこともある。これらの問題を解消するには、できるだけ早く補聴器を装着し、言語聴覚士と会話の練習を積むことが大事だという。かつての聴力検査は音が聞こえるかどうか答えさせる方法だけだったが、現在は脳波を測定して聴力レベルを判断することが可能。受け答えができない乳幼児の時期から補聴器の必要性を判断できるようになったこともあり、補助事業を実施することにした。
県は医師の意見書に基づき、補聴器が3万〜13万円程度の場合、購入費の3分Ⅵ1を補助。残りは市町村と購入者が半分ずつ負担する。同様の制度は13年度に八戸市が先行して実施(市が購入費の3分の2を補助)してきたが、県の制度創設により県、市、購入者が3分の1ずつ負担する仕組みに変わる。
同課の菊地公英課長は「経済的な問題で補聴器の購入に二の足を踏む保護者が出ないようにしたい。会話の能力を身に付ける一助にしてもらえれば」と話す。
一方、子どもは乳幼児健診などで、聴力に問題がないかどうか問診を受けるが、保護者に異常がないとの思い込みが強い場合、見逃されることもある。
県に補助制度の創設を要望してきた「県ことばと心を育む会の竹ケ原克哉副会長は「親の負担が大変だったので、助成制度はありがたい」としつつ、「行政には生まれてくる子ども全てが聴力検査を受けられる体制を整えてほしい」と訴えている。

aomorikenn nantyou


青森県 2014年度に「難聴児意思疎通向上へ-軽中度対象に補聴器購入補助-」 

30~40デシベルの軽度、40~70デシベルの中等度の聴覚障害の場合はこれまで補聴器購入費の助成制度がなかった。
補聴器は一般的な価格が片耳あたり5万~13万円程度と高額。雑音が入らない高性能なものだと30万円以上するため保護者の重い負担になっている。そこで県は医師の意見書に基づき補聴器が3万~13万円程度の場合購入費の1/3を補助。残りは市町村と購入者が半分ずつ負担する。
県に補助制度の創設を要望してきた「県ことばと心を育む会」の竹ケ原克哉副会長は「親の負担が大変だったので助成制度はありがたい」としつつ、「行政には生まれてくる子ども全てが聴力検査を受けられる体制を整えてほしい」と訴えている。
(デーリー東北2/28の記事より)


平成25年12月24日青森県ことばと心を育む会が県に要望

青森県ことばと心を育む会では、平成25年12月24日に①県教育長への陳情及び②県知事
への陳情を行いました。
参加入数は①親5名、教員5名(残念ながら教員は廊下で待機)、②親
7名、教員5名(廊下で時機)でした。今年から教員は廊下で待機という、少し腑に落ちない待
遇となっています。

①では青森県教育庁学校教育課 特別支援教育推進室 梅村室長を代表とする7名の方がご対
応下さいました。内容的には県も予算的に苦しいのでなかなかだが、国の予算案には入っている
のでそれが通ると善処できるかも、というようなものでしたが、全体的に大変誠意をもってご対
応下さいました。

②は、中・軽度聴覚障害者への補聴器購入費の助成をしていただきたい(青森県はまだですの
で)という内容(この内容での陳情は昨年に続き2回目/全国親の会で問題があることを聞いて
来て、青森県の陳情にも入れた物)ですが、1~2カ月前の県親の会の幹事会に県の健康福祉部
障害福祉課の方が2名おいで下さり、昨年陳情いただいたので自分達もこの問題については弘前
大学付属病院まで行って調査したりして、福祉課としてはかなりの必要性を感じているところで
すが、まだ県の上部等には、本当にこれが必要であるという親達の要望の気持ちが必ずしも届い
ていないとも思われるので、陳情の際には、ぜひ親の生の声をきかせて下さい、マスコミにも声
をかけてみます、と大変前向きなお話を頂きました。県の親の会としても各支部に当事者の参
加を呼びがけ十和田地区から当事者のご両親が陳情に加わって下さり、また三沢地区のお母さ
んが、当日は仕事のためどうしても参加できないけれどもと手紙を書いて託して下さいました。

当日は、青森県ことばと心を育む会 村田明子会長から青森県健康福祉部部長さんに陳情書を手
渡した様子を新聞記者が写真に撮った後、部長を始め5名程が親と一つのテーブルに向かい合っ
て、じっくりと話しをきいて下さいました。預かってきた手紙は私が読み上げた後、手渡しまし
た。県側は、この購入費助成も大切だが、早期発見の意味でスクリーニングの改善についても合
わせて検討しています、とお話し下さいました。大変手応えを感じて帰って来ました。

青森県ことばと心を育む会 副会長  竹ケ原克哉

※なお、要請文の文章は、PDFにアップ出来次第公開します。(広報部 田辺)

[1/4追記]陳情書をPDFでUPします。なお、テキストはOCRのため信頼性に欠けます。悪しからずご了承ください。