指導用パンフレット」カテゴリーアーカイブ

両親指導の手引書㊸『ぱたかぽとこうた』

㊸『ぱたかぽとこうた』 著者 中村勝則先生

平成26年度の事業計画にあります新両親指導の手引書(パンフレット)『ぱたかぽとこうた』がが刊行の運びとなりました。
一つ一つの音は正しく発音できても、日常の会話の中で正しく使えるようになるためには、発話運動の巧みさを育てる必要があります。この両親指導の手引き書『ぱたかぽとこうた』は発話運動を正しく育てていくための素材集です。リズムをつけたり、読み方を工夫したりして「指遊び・手遊びをしながら」「動作をつけて」など、「ことばの離乳食」とも言われる「わらべうた」のように楽しく自然に口から流れ出したしてくるような「うた」がたくさん掲載されています。
ご家庭で、子どもたちの発話運動として、またお母様お父様のほうれい線予防の運動として、祖父母の皆様の嚥下障害予防の運動として、ご家族皆様で『ぱたかぽとうた』を一日数分なさっていただけたらと思います。もちろん、ことばの教室や、保育所・保育園、幼稚園の担当者の皆様にもお勧めですし、高齢者関係の施設の方にもお勧めできたらいいなとも考えます。
著者の中村勝則先生は、東京都の聞こえとことばの教室の担当者として長年実践を積み重なれた方です。39『(吃音のある)こどもに向き合うために』・42『正しい発音が育つための口育て口遊び』の著者でもあります。会員の皆様、発音に不安や悩みのあるお子さんのご両親、ことばの教室の先生方、今、まさにことばを獲得している最中の幼児を育てておいでのご両親や祖父母の皆様にも広く読んでいただけたらと思います。

NPO法人全国ことばを育む会 理事長 加藤碩

お申込み、問い合わせは以下のところへ。
mailto:info@zkotoba.jp
電話03-6459-0989

43


両親指導手引書「ことばと心を育てる親子遊び」改訂版発行

両親指導手引書の⑰『ことばとこころを育てる親子遊び』の改訂版をこのたび発行しました。
全国大会千葉大会の山口創先生の講演にあったような大事なスキンシップをしながらの、親子遊びの満載です。ぜひ多くの方に読んでいただきたいと思います。
いろいろ調査した結果、聞くところによりますと、故行木久男先生(体育指導がご専門だったとか)が発案されて、小泉先生に文章を、狩野先生に挿絵をお願いして出来あがったパンフレットだそうです。ぜひ手にとっていただきたい良書です。
全国ことばを育む会事務局長 田嶋恵美子

お申込み、問い合わせは以下のところへ。
mailto:info@zkotoba.jp
電話03-6459-0989

ことばの指導パンフレットN0.17(改訂版)
ことばと心を育てる親子遊び

sidousyo

1、はじめに
2、ことばの遅れた子どもの特徴
(1)乳幼児の行動特徴
(2)歩きだしてからの特徴
3、どのように理解したらいいのか
4、親子遊びのねらい
(1)静かな親子遊び
(2)ダイナミックな親子遊び
5、一般的な留意点
(1)早期発見・早期療育を
(2)親こそ最大の指導者
(3)最低、一日一回一時間は親子遊びを
(4)お父さんの協力が大切
(5)最初、しつけにこだわらない
(6)ことばのやりとりの3原則
(7)集団保育への入れ方
(8)お母さんのあせりは大敵
6、具体的な親子遊び
(1)静かな親子遊び
(A)間接的な静かな遊び
(B)直接的な静かな遊び
(2)ダイナミックな親子遊び
(C)間接的なダイナミックな遊び
(D)直接的なダイナミックな遊び
7、終わりに


ことばの指導パンフレットN0.36~42

tebkisyo 36NO.36 平成22年12月20日発行

けつまずいても、ころんでもー私の子育てと親の会
 目次 

  • たくさんの出会いが、困難を乗り越える力に
  • 親の会と心のゆとり
  • 妻へのおわびと感謝の気持ちを込めて
  • 多くの人との交流が子どもの成長にプラス、みなさまの結集が大きな力になる
  • すばらしい方々との出会いを糧に
  • 「たこ焼き」が教えてくれたもの
  • 人工内耳・親の会・絆
  • まだまだこれから我が家の子育て
  • 悲しくてつらくて悔しくて・・・でも喜びの多い子育て
  • 「同じ方向を向く」ということの大切さ
  • 神様は、どんな道を提示してくださるでしょう?
  • 子ども達によって授かった私の素敵な宝物
  • 難聴児を育ててー今思うことー
  • 子育てって楽しいね!子育てを楽しもう!
  • 私の11年を深めてくれた長男
  • 「もし・・・だったら」はあり得ない今
  • 第23回全国大会・東京大会から
  •  幼児【学齢期】の子育て
  •  学校生活の中で
  •  子どもたちの進路を考える
  •  就労を考える

NO.37 平成22年12月20日発行tebkisyo 37.

ことば・きこえの教室卒業生を訪ねて

目次

  • ”母に助けられ”&”先生に乗せられ”
  • 僕らがあの頃欲しかったもの~中高生をサポートしてくれる場
  • 一生吃音と付き合うのなら、ウジウジせずになりたい教員になろう
  • 障がい者・介護職員・母親・・・いくつもの経験を生かして・・・
  • 家族と離れてのことばの勉強~教室未設置の頃・・・そして今
  • 母と二人三脚で切り盛りするラーメン店、只今花嫁募集中!
  • 一番苦手だったコミュニケーションが今は職場での大切な力
  • 阪神・淡路大震災の経験を活かして
  • 教室のありがたみに感謝~恩返しの気持ちを込めて親の会活動
  • 聴覚障がいと向かいあって生きる~教師を目指して
  • 君に贈ることは~かけがえのない今を感じて
  • 聴覚障がいに負けず、挑戦したい
  • 毎日元気に農作業~親子とともに歩んんで
  • 一日も休まず通勤~開頭手術から15年~利用者さんに助けられながら
  • 特集 「親になった難聴者の子育て」
  •  母親になった私
  •  三人の子どもたちに、追いかけられ、励まされてー毎日が、発見、勉強ですー
  •  思春期のチビ達と
  •  子どもを真ん中にしてみんなで子育て!ー3人の子育てから学んだことー

NO.38 平成23年2月20日発行tebkisyo 38 (2)

ことばあそびをしようⅡ  

著者 阿部 厚仁 (東京都世田谷区立鳥山北小学校ことばときこえの教室担当  全国公立学校難聴・言語障害教育研究協議会事務局長)

目次

  • 一、はじめに
  • 二、ことばを見つけよう
  • (1)ことばのかくれんぼ① 字の中から見つけよう
  • (2)ことばのかくれんぼ② 字を入れて見つけよう
  • 三、ことばをつなげよう
  • (1)しりとりゲーム
  • (2)二文字しりとり
  • (3)連想ゲーム
  • 四、ことばをひろげよう
  • (1)逆さに読む
  • (2)抜かして読む
  • 五、ことばを声に出そう
  • (1)「あいうえお」の詩
  • (2)ことばあそびの詩
  • (3)リズム音読
  • 六、おわりに

NO.39 平成23年1月20日発行tebkisyo 39

(吃音のある)子どもに向き合うために

著者 中村 勝則 (元西東京市保谷小学校ことばの教             室担当)

目次

  • はじめに
  • Ⅰ 吃音は、今どのように考えられているのでしょうか
  •   1 吃音は謎だらけ
  •   2 吃音は今どのように考えられているのでしょうか(1)
  •   3 吃音は今どのように考えられているのでしょうか(2)
  •   4 吃音は誰のせい?
  •   5 吃音の前に子どもがいる
  •   6 ノーマライゼーション社会の中の吃音
  • Ⅱ (吃音のある)子どもを育てるためのアドバイス10
  • Ⅲ (吃音のある)子どもに向き合うために 私的なエッセー いくつか
  • おわりに
  • 参考資料

NO.40  平成23年4月発行tebkisyo 40

ことばの障害をもつ子への援助 

執筆者 大石 益男 (1944~1996 元国立特殊教育総合研究所研究室長 島根県立短期大学名誉教授 教育学博士

原 広治 (島根大学教育学部教授)

目次

  • 再販にに寄せて~教育のむこうにあるもの~
  • はじめに
  • 一、よっちゃんの記録から
  • 二、よっちゃんへの援助
  • 三、よっちゃんの指導から
  • おわりに
  • 障害児・福祉・地域 これからの親の会活動

NO.41 平成25年3月31日発行tebkisyo 41

吃音とともに豊かに生きる

著者 伊藤 伸二 (大阪教育大学非常勤講師、日本吃音臨床研究会会長 国際吃音連盟顧問理事)

目次

  • はじめに  この冊子の使い方
  • Ⅰ章 吃音肯定の取り組みの基本前提
  •  1 吃音肯定へ 物語を変えた人々
  •  2 変えることができるもの
  •  3 治るとはどういうことか
  •  4 治療効果の研究
  •  5 伊藤伸二の当事者研究
  •  6 アメリカ言語病理学の歴史
  • Ⅱ章 保護者の皆さんへ
  •  1 吃音の原因探しは、もうやめましょう
  •  2 吃音はほとんど一過性のものとは言えない
  •  3 吃音に悩む人の問題とは、劣等コンプレックス
  •  4 吃音を生き抜く力を育てる
  •  5 子どもと対話する
  • Ⅲ章 ことばの教室の先生へ
  •  1 レジリエンス
  •  2 防災教育と吃音
  •  3 エビデンス・ベースドよりナラティヴ・ベースド
  •  4 「脆弱性モデル」から「レジリエンスモデルへ」
  •  5 レジリエンスを阻むもの
  •  6 子どもと取り組むレジリエンス
  • Ⅳ章 通常の学級の先生へ
  •  1 吃音について理解する
  •  2 どもるこどもを理解する
  •  3 基本的には特別扱いしない。でも、相談してほしい
  • 資料 第1回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会 報告

NO.42 平成25年7月25日発行tebkisyo 42

正しい発音が育つための口育て・口遊び

著者 中村 勝則 (元西東京市保谷小学校ことばの教室担当)

目次

  • はじめに
  •  発音の育つ道すじ
  •  発音が正しく身につくために必要なもの
  •  この冊子のねらい
  • Ⅰ 食生活の見直しと工夫
  •   1、よく噛む習慣を育てるために
  •    ①よい習慣は、楽しい雰囲気の中から生まれる
  •    ②噛む習慣には、それなりのお膳立てがいる
  •   2、そのほかの口の動きを育てる工夫
  •    ①おやつ あれこれ
  •    ②食べるとき ひと工夫
  • Ⅱ 洗顔・歯みがき・うがいなどの生活習慣を見直す
  •   1、洗顔
  •   2、歯みがき
  •   3、うがい
  •   4、鼻をかむ習慣
  • Ⅲ 口遊びアラカルト
  •   1、生活場面を利用して
  •    ①食事の時間を利用して
  •    ②おやつの時間を利用して
  •    ③おふろの時間を利用して
  •    ④掃除の時間を利用して
  •   2、遊ぶ時間に工夫して
  •    ①息遊びの道具 あれこれ
  •    ②作って遊ぼう
  • おわりに

NO.1~NO.35までの指導書はこちらをご覧ください→http://b.zkotoba.jp/?p=194

申し込みは、下記の方法の(1)~(3)のいずれかでお申し込みください。

(1)FAX 03-6459-0989

(2)郵便 〒105-0012  東京都港区芝大門1-10-1 全国たばこビル6F NPO 全国ことばを育む会

(3) メール申し込み info@zkotoba.jp


指導用パンフレット:パンフレット36からのタイトルなどのご案内

指導用パンフレットのタイトル、発行日付などをご案内いたします。

  • 36 『けつまずいても ころんでも』田辺昭夫他18名 平成22年12月20日
  • 37 『ことば・きこえの教室卒業生を訪ねて』加藤 恵他22名 平成22年12月20日
  • 38  『ことばあそびをしようⅡ』阿部 厚仁 平成23年2月20日
  • 39 『(吃音のある)子どもに向き合うために』中村 勝則 平成23年1月20日
  • 40 『ことばの障害をもつ子への援助』大石益男 平成23年4月20日
  • 41 『吃音とともに豊かに生きる』伊藤伸二 平成25年3月31日
  • 42 『正しい発音が育つための口育て・口遊び』 中村 勝則 平成25年7月25日

ことばの指導パンフレットのご案内

親と先生方のための ことばの指導パンフレットご案内

2013年7月以降のパンフレットは、「指導用パンフレット」(当サイト内をご覧ください)

No 題名 著者 発行
1 どもりについてのQ&A:児童生徒編 ・資料編 神山五郎 15.7
2 もしお子さんがどもったら:どもりだろうか ・どのように援助するか 長澤泰子 16.6
3 子どものどもりQ&A:なぜどもるの ・指導のすすめ方は 長澤泰子 11.11
4 ことばの指導のまえに:基礎練習・お口のたいそう・よく聞ける耳 松本孝明 16.8
5 正しい発音を育てるために:発音の理解のために・指導の実際 三浦充子他 19.7
6 ママとあそぼう:母と子が遊びながら発音を学ぶワークブック 菊池義勝他 15.3
7 難聴のお子さんについてのQ&A:難聴児との関わり方~幼児期から高校卒~ 日向 久 13.7
8 口蓋裂読本:治療への補助や手当て ・座談会(哺乳、離乳、いじめ) 山本悠子他 15.7
9 育児とことば:赤ちゃんの発達 ・ことばが育つとき 田口恒夫 15.3
10 子どもと楽しくあそべる遊び:絵カード付で、すぐに遊べます 中山忠道他 10.7
11 発達の遅れた子どものことばと生活の指導:ちえ遅れの特徴・指導事例 柚木 馥 12.6
12 ことばの育つ土台:ことばの土台・土台づくり・生活「しつけ」 谷 俊治 18.1
13 ことばを育てる暮らしと育児:楽しいやりとり、幼稚園・保育所の受入れ 大石益男 8.7
14 ことばを育てるやりとり遊び:袋に執着するSちゃん他5事例を具体的に 長澤泰子他 8.7
15 お母さんの教育実習:ことばの先生はあなた・先生の資格10カ条他 小川 仁 10.3
16 手づくりで遊ぼう:ことば遊び、手づくりおもちゃ他・ワークシート付 白川信生 17.1
17 ことばと心を育てる親子遊び:体を使って遊ぶこと・楽しみながら育てる 狩野禅司他 4.3
18 家庭における子育ての基本:成長とことば・問題をもつ子への家庭指導 跡部敏之他 12.6
19 ことばの伸ばし方・心の成長:ことばの伸ばし方・親、教師の役割 内須川洸 13.12
20 ことばの相談そして指導:生活とことば・ことばの障害の事例・手記 行木富子他 17.2
21 耳を育てる:聞く力の発達、発達の条件・母子関係 谷 俊治 13.9
22 ぼくときどきどもるんだよ:何がきみをどもらせるんだ・どもるわけなど 小谷満翻訳 15.3
23 構音指導の実際:教師用指導書~音づくりの基本・構音の詳しい説明図入り 桜城小学校 9.3
24 ことばの担任からお母さん方へ:先生と仲よくなろう・知っておいて下さい 万年康男他 9.3
25 療育相談Q&A:相談の仕方?・自閉的傾向?・LDなの?・どもり? 平岡雪雄他 17.7
26 ことばを育てる絵カード遊び:実物、模型、写真、絵カード等での指導事例 村井典子 14.6
27 耳をすましてごらん:正しく聞こう・正しく聞き分けよう・ここを聞こう 松本孝明 12.11
28 親の会の活動 -はじめの一歩-  :初歩の段階の親の会活動~・和歌山・千葉・山口県の例 藤田早苗他 7.3
29 親の会のありかたを求めて:親が学習する意義・親の会活動、歴史など 跡部敏之他 8.3
30 親の会があったからこそ:なぐさめ、励まし、助け合って・・・ 加藤 碩 9.1
31 ことばあそびをしよう:名前であそうぼう・ことばをみつけよう・声をだそう 阿部厚仁 16.6
32 私たちの歩んだ道:成人した言語障害児、難聴児から・母親座談会 日向 久 16.3
33 明日を信じて-私の子育て奮闘記-:発達障害の子どもさんと22年間・・ 安田三和子 18.1
34 ことばときこえのQ&A「ぽ と こ」:(群馬県ことばの先生方の研究会編纂) 群馬親の会・研究会 19.3
35 特別支援教育と親・親の会の在り方:親の成長と親の会 ・特別支援と親の会・今度の活動 跡部敏之 21.3

2013年7月以降のパンフレットは、「指導用パンフレット」(当サイト内をご覧ください)


指導用パンフレット案内

指導用パンフレット案内
本会では、療育指導パンフレットを発行いたしております。
>>詳しくは[図書館]パンフレット画像一覧(リンク先は、これまでのサイトのコピーサイト)をご覧ください。

2013年7月以降のパンフレットは、「指導用パンフレット」(当サイト内をご覧ください)

申し込みは、下記の方法の(1)~(3)のいずれかでお申し込みください。

(1)FAX 03-6459-0989
(2)郵便 〒105-0012  東京都港区芝大門1-10-1 全国たばこビル6F
NPO 全国ことばを育む会

(3) メール申し込み info@zkotoba.jp