ことば 第269号 平成25年7月8日発行 記事の紹介

img001

特集 50年のあゆみ その日 あの時

8月に50年記念誌『全国ことばを育む会 50年のあゆみ』を発行しました。記念誌にくわしく綴られた歴史を7つのエピソードとして、物語風に編集しています。

第1話 息子の手術と仙台市立通町小学校濱崎先生との出会い、そして親の会結成へ

第2話 千葉市院内小学校の「ことばを贈る卒業式」

第3話 「谷間の口がい裂」─口蓋裂児への健康保険の適用を求める運動

第4話 「通級による指導」の制度化実現をもとめて

第5話 回想課題検討委員会立ち上げの頃

第6話 二度の大震災と「親の会」─私の思い出─

第7話 「会報」と『ことば』のあゆみ

◇  なお巻頭の「提言」では、 「『通級指導教室』を量とともに質の高いものに」と題して、「通級指導教室」が全国各地で増設されているものの、教員の配置の不備、専門性の不足、設備の貧困など教育条件整備の点で立ち遅れていることを指摘して、改善を求めています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です