投稿者「全国ことばを育む会事務局」のアーカイブ

平成31年度 文部科学省・厚生労働省への予算要望書

平成30年6月28日(木)に全国推進連盟 宮﨑英憲理事長のもと、11加盟団体の代表者が文部科学省に、予算要望書を提出してまいりました。全国ことばを育む会は田嶋惠美子事務局長が出席いたしました。

文部科学省からは、中村信一初等中等教育局特別支援教育課長はじめ、5名の方々が出席され、各団体の簡単な紹介や要望書の重点事項を、熱心に聞きとってくださいました。

今後も、私たちが願っている「教員定数法」の早期整備や、教員の専門性向上のために今まで以上に、親と先生方の連携を深めて、子どもたちのために力を尽くしましょう。


平成30年度 総会を開催

6月3日に「NPO法人全国ことばを育む会」の平成30年度総会を開催しました。

35都道県より、45名のご出席、議決権22都道県・書面表決2県・委任状3県をいただきました。

総会では活動報告・決算・新年度活動方針・予算等原案を可決していただきました。なお、本年度は役員改選の年にあたり、新役員が承認されました。またあらたに加藤碩全理事長、野木孝前専務理事が顧問として承認されました。

前日2日には全国研修会を開催しました。「担当者の専門性を考える」をテーマに阿部厚仁先生に御講演いただきました。

また、「内閣総理大臣表彰を祝う会」ならびに懇親会をひらきました。今年度は特別支援教育推進連盟の宮﨑英憲理事長と大伊信雄専務理事を来賓としてお招きいたしました。

総会の議決の様子


ことば290号 平成30年5月20日号 記事の紹介

 

○ 平成30年度最初の『ことば』をお届けします。昨年度と同様に、ことばの教室や子どもたちの今や将来に関わる課題について考える「特集」や、各地の親の会の活動や会員の思いを伝え合う「読者の広場」を中心にお伝えしていきます。

○ 季節感あふれる表紙絵は、須田まなみさんから届いたときは色がついているのです。今号は、梅の実の緑が初夏の命を感じさせてくれます。カラーでお見せできないのは残念ですが、色を想像してみていただけると嬉しいです。

○ この290号編集作業が本格的になったころ、本会に多大なお力を注いで育てて下さった行木富子先生の訃報が飛び込んできました。急遽「故 行木富子先生を偲ぶ」ページを設けました。寄せられた文からその功績と今なお慕われるお人柄を知っていただけたらと思います。(合掌)

○ 新年度から編集責任者が、宮本副理事長に替わりました。これまで『ことば』誌の編集に携わり現在のスタイルを作って下さった加藤 碩さん、お疲れ様でした。

 

「ことば」個人定期購入者募集中

親の会組織のない地域の方々から、中央や他県の情報、子育ての力になる内容なので読みたいという申し込みがあります。ご希望の方は下記にお申し込みください。事務手数料(送料込)年1,000円

申込先  〒105-0012 東京都港区芝大門1-10-1 全国ことばを育む会 TEL・FAX 03-6459-0989