ことば289号 平成30年 3月10日号 記事の紹介

ZSZ 2018.3.10 No.289 「ことば」特集・自立への歩みをたどって

ZSZ 2018.3.10 No.289 「ことば」特集・自立への歩みをたどって

○ 今年度の最後の『ことば』をお届けします。「提言」で強調している通り、「通級による指導」を子どものニーズに基づいて、全国で一気に開設することは、通級学級でつまずいたり、困ったりしている子どもたちの自己肯定感を育み、明るい顔を取り戻す上で喫緊の課題です。子どもたちの思いをしっかり受け止めて、運動を一気に広げていきましょう。

○ 「特集」の四人のお母さんの手記から、学ぶことはたくさんあると思います。親同士の小さな茶話会などで、本号の「特集」を活用して、活発に話し合いましょう。「子どもの自立についての三つの要件」をもとに、子育てについて話し合うことも有意義だと思います。

○ 前号の「読者の広場」に紹介した滋賀県の水野さんの「親亡き後の問題」が、反響を広げています。今後もぜひご意見をお寄せください。引き続いて「読者の広場」へのご投稿をお待ちしております。

「ことば」個人定期購入者募集中

親の会組織のない地域の方々から、中央や他県の情報、子育ての力になる内容なので読みたいという申し込みがあります。ご希望の方は下記にお申し込みください。事務手数料(送料込)年1,000円

申込先  〒105-0012 東京都港区芝大門1-10-1 全国ことばを育む会 TEL・FAX 03-6459-0989


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です