ことばの指導パンフレットN0.36~42

tebkisyo 36NO.36 平成22年12月20日発行

けつまずいても、ころんでもー私の子育てと親の会
 目次 

  • たくさんの出会いが、困難を乗り越える力に
  • 親の会と心のゆとり
  • 妻へのおわびと感謝の気持ちを込めて
  • 多くの人との交流が子どもの成長にプラス、みなさまの結集が大きな力になる
  • すばらしい方々との出会いを糧に
  • 「たこ焼き」が教えてくれたもの
  • 人工内耳・親の会・絆
  • まだまだこれから我が家の子育て
  • 悲しくてつらくて悔しくて・・・でも喜びの多い子育て
  • 「同じ方向を向く」ということの大切さ
  • 神様は、どんな道を提示してくださるでしょう?
  • 子ども達によって授かった私の素敵な宝物
  • 難聴児を育ててー今思うことー
  • 子育てって楽しいね!子育てを楽しもう!
  • 私の11年を深めてくれた長男
  • 「もし・・・だったら」はあり得ない今
  • 第23回全国大会・東京大会から
  •  幼児【学齢期】の子育て
  •  学校生活の中で
  •  子どもたちの進路を考える
  •  就労を考える

NO.37 平成22年12月20日発行tebkisyo 37.

ことば・きこえの教室卒業生を訪ねて

目次

  • ”母に助けられ”&”先生に乗せられ”
  • 僕らがあの頃欲しかったもの~中高生をサポートしてくれる場
  • 一生吃音と付き合うのなら、ウジウジせずになりたい教員になろう
  • 障がい者・介護職員・母親・・・いくつもの経験を生かして・・・
  • 家族と離れてのことばの勉強~教室未設置の頃・・・そして今
  • 母と二人三脚で切り盛りするラーメン店、只今花嫁募集中!
  • 一番苦手だったコミュニケーションが今は職場での大切な力
  • 阪神・淡路大震災の経験を活かして
  • 教室のありがたみに感謝~恩返しの気持ちを込めて親の会活動
  • 聴覚障がいと向かいあって生きる~教師を目指して
  • 君に贈ることは~かけがえのない今を感じて
  • 聴覚障がいに負けず、挑戦したい
  • 毎日元気に農作業~親子とともに歩んんで
  • 一日も休まず通勤~開頭手術から15年~利用者さんに助けられながら
  • 特集 「親になった難聴者の子育て」
  •  母親になった私
  •  三人の子どもたちに、追いかけられ、励まされてー毎日が、発見、勉強ですー
  •  思春期のチビ達と
  •  子どもを真ん中にしてみんなで子育て!ー3人の子育てから学んだことー

NO.38 平成23年2月20日発行tebkisyo 38 (2)

ことばあそびをしようⅡ  

著者 阿部 厚仁 (東京都世田谷区立鳥山北小学校ことばときこえの教室担当  全国公立学校難聴・言語障害教育研究協議会事務局長)

目次

  • 一、はじめに
  • 二、ことばを見つけよう
  • (1)ことばのかくれんぼ① 字の中から見つけよう
  • (2)ことばのかくれんぼ② 字を入れて見つけよう
  • 三、ことばをつなげよう
  • (1)しりとりゲーム
  • (2)二文字しりとり
  • (3)連想ゲーム
  • 四、ことばをひろげよう
  • (1)逆さに読む
  • (2)抜かして読む
  • 五、ことばを声に出そう
  • (1)「あいうえお」の詩
  • (2)ことばあそびの詩
  • (3)リズム音読
  • 六、おわりに

NO.39 平成23年1月20日発行tebkisyo 39

(吃音のある)子どもに向き合うために

著者 中村 勝則 (元西東京市保谷小学校ことばの教             室担当)

目次

  • はじめに
  • Ⅰ 吃音は、今どのように考えられているのでしょうか
  •   1 吃音は謎だらけ
  •   2 吃音は今どのように考えられているのでしょうか(1)
  •   3 吃音は今どのように考えられているのでしょうか(2)
  •   4 吃音は誰のせい?
  •   5 吃音の前に子どもがいる
  •   6 ノーマライゼーション社会の中の吃音
  • Ⅱ (吃音のある)子どもを育てるためのアドバイス10
  • Ⅲ (吃音のある)子どもに向き合うために 私的なエッセー いくつか
  • おわりに
  • 参考資料

NO.40  平成23年4月発行tebkisyo 40

ことばの障害をもつ子への援助 

執筆者 大石 益男 (1944~1996 元国立特殊教育総合研究所研究室長 島根県立短期大学名誉教授 教育学博士

原 広治 (島根大学教育学部教授)

目次

  • 再販にに寄せて~教育のむこうにあるもの~
  • はじめに
  • 一、よっちゃんの記録から
  • 二、よっちゃんへの援助
  • 三、よっちゃんの指導から
  • おわりに
  • 障害児・福祉・地域 これからの親の会活動

NO.41 平成25年3月31日発行tebkisyo 41

吃音とともに豊かに生きる

著者 伊藤 伸二 (大阪教育大学非常勤講師、日本吃音臨床研究会会長 国際吃音連盟顧問理事)

目次

  • はじめに  この冊子の使い方
  • Ⅰ章 吃音肯定の取り組みの基本前提
  •  1 吃音肯定へ 物語を変えた人々
  •  2 変えることができるもの
  •  3 治るとはどういうことか
  •  4 治療効果の研究
  •  5 伊藤伸二の当事者研究
  •  6 アメリカ言語病理学の歴史
  • Ⅱ章 保護者の皆さんへ
  •  1 吃音の原因探しは、もうやめましょう
  •  2 吃音はほとんど一過性のものとは言えない
  •  3 吃音に悩む人の問題とは、劣等コンプレックス
  •  4 吃音を生き抜く力を育てる
  •  5 子どもと対話する
  • Ⅲ章 ことばの教室の先生へ
  •  1 レジリエンス
  •  2 防災教育と吃音
  •  3 エビデンス・ベースドよりナラティヴ・ベースド
  •  4 「脆弱性モデル」から「レジリエンスモデルへ」
  •  5 レジリエンスを阻むもの
  •  6 子どもと取り組むレジリエンス
  • Ⅳ章 通常の学級の先生へ
  •  1 吃音について理解する
  •  2 どもるこどもを理解する
  •  3 基本的には特別扱いしない。でも、相談してほしい
  • 資料 第1回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会 報告

NO.42 平成25年7月25日発行tebkisyo 42

正しい発音が育つための口育て・口遊び

著者 中村 勝則 (元西東京市保谷小学校ことばの教室担当)

目次

  • はじめに
  •  発音の育つ道すじ
  •  発音が正しく身につくために必要なもの
  •  この冊子のねらい
  • Ⅰ 食生活の見直しと工夫
  •   1、よく噛む習慣を育てるために
  •    ①よい習慣は、楽しい雰囲気の中から生まれる
  •    ②噛む習慣には、それなりのお膳立てがいる
  •   2、そのほかの口の動きを育てる工夫
  •    ①おやつ あれこれ
  •    ②食べるとき ひと工夫
  • Ⅱ 洗顔・歯みがき・うがいなどの生活習慣を見直す
  •   1、洗顔
  •   2、歯みがき
  •   3、うがい
  •   4、鼻をかむ習慣
  • Ⅲ 口遊びアラカルト
  •   1、生活場面を利用して
  •    ①食事の時間を利用して
  •    ②おやつの時間を利用して
  •    ③おふろの時間を利用して
  •    ④掃除の時間を利用して
  •   2、遊ぶ時間に工夫して
  •    ①息遊びの道具 あれこれ
  •    ②作って遊ぼう
  • おわりに

NO.1~NO.35までの指導書はこちらをご覧ください→http://b.zkotoba.jp/?p=194

申し込みは、下記の方法の(1)~(3)のいずれかでお申し込みください。

(1)FAX 03-6459-0989

(2)郵便 〒105-0012  東京都港区芝大門1-10-1 全国たばこビル6F NPO 全国ことばを育む会

(3) メール申し込み info@zkotoba.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です