静岡県ことばと心を育む会、設立50周年記念式典を開催

静岡県ことばと心を育む会は、1月11日(土)三島市民文化会館で設立50周年記念式典を開催しました。
DSCF3624
昭和38年、本会の前身である「吉原市言語障害児を持つ親の会」が、吉原市(現富士市)に設立されました。翌年、保護者の要望が実って、吉原市立吉原小学校言語治療教室が県内で初めて開設されました。以降、本会は半世紀にわたって保護者同士の親睦や学習会、親子の療育事業等を行うと共に、保護者と指導者が連携して子どもを育てることの大切さを発信しながら、ことばの教室やきこえの教室の拡大、通級による指導の法制化、特別支援教育の推進等のために活動して参りました。

DSCF3623

50周年記念大会は、通級指導教室の発展に尽力してきた先人に感謝し、特別支援教育のさらなる発展、充実に保護者と指導者が手を取り合って取り組んでいくことにより、「誰もが、いつでも、どこでも、どこに住んでいても、適切な教育、相談、支援が受けられる」体制の実現をめざすために開催されました。
DSCF3630
当日は晴天に恵まれ、新春の富士山が鮮やかに輝く中、保護者、指導員、子ども達と一体になって取り組み、ことばの教室、通級指導教室、親の会の活動、子ども達について発信、理解の促進につながり、意義ある大会となりました。東海ブロック会議も東海や全国の様子、国の施策を知る良い機会になりました。

アトラクションは、通級指導教室在籍児童による発表、記念式典では、会長及び来賓あいさつ、表彰式が行われました。
DSCF3618
DSCF3645
DSC00242
DSCF3643


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です