お知らせ」カテゴリーアーカイブ

日本障害者協議会が安保法制成立への抗議声明を発表

                            2015年9月24日

安保法制成立への抗議声明-障害分野から

                           特定非営利活動法人
                           日本障害者協議会役員一同

 9月19日未明、安保法案(11法制=海外派兵を可能とする「国際平和支援法」と自衛隊法改正案など10の改正案を一つにまとめた「平和安全法制整備法」)は、多くの国民が反対や疑問を表明しているにもかかわらず、民主主義を大きく踏みにじる形で、強行採決・可決された。これは、政治や政党というレベルをこえて、すべての人の人権にかかわる極めて重大な問題であり、権力の暴走である。
 戦争は人間のいのちと尊厳を破壊する。日本国憲法は戦争への歴史的な反省の上に、平和と民主主義を根底にすえ、第25条はじめ、人として平等に生きるための権利を謳っている。昨年、政府が批准した障害者権利条約も平和な世界のもとでしか実現することはできない。

 私たちは8月28日、500名をこえる参加者のもと憲政記念館で「戦後70年と障害者」を成功させた。そこでは、聴覚、視覚、肢体障害のある戦争体験者の貴重な報告を受け、「戦争は最大の暴力であり、障害者をつくり出す最たるもの」「戦時下、非国民、ごくつぶしといわれ人間扱いされなかった」「沖縄戦の心の傷は深く、ベトナム、イラク、福島の今に問われる」など、戦争の悲惨さに向き合い、決して忘れることなく、平和を守りつづけていくことを胸に刻んだ。

 また、ナチスドイツが600万人を越えるユダヤ人大虐殺以前に、その実験台として障害者20万人以上を「安楽死」させていた事実も明らかになった。
 社会や戦争の「役に立つ」かで人間を価値づける考え方は、障害者だけでなく、患者や高齢者など社会的弱者を切り捨て、生命さえも奪っていく。
 すべての人には絶対的な尊厳があり、幸せに生きていく権利がある。いのちと人権を破壊する「戦争の論理」は再び復活させてはならない。

 国会前や全国各地で戦後最大規模の意見表明行動が広がり、安保法制成立後もその声は各地域で広がり続けている。憲法を守り、民主主義を守ってきた戦後70年の積み重ねの上で、学生や高校生、学者やママたち、高齢者や障害者もそれぞれの表現で「安保法案反対」「民主主義を守れ」「国民の声を聞け」と訴えている。

 私たちは、いのちと尊厳を守る立場で、安保法制の強行に断固抗議する。そして、平和を願うすべての人びとと連帯し、戦争をしないと世界に約束した憲法9条の堅持を高く掲げ、平和と民主主義を守り、戦争への関与を断じて許さない姿勢を貫いていく所存である。


軽度・中等度難聴児の補聴器購入助成で、厚労省に申し入れ

軽度・中等度難聴児の補聴器購入助成で、厚労省に申し入れ
NPO法人全国ことばを育む会の加藤 碩理事長、池田幸男事務局員は、6月12日厚生労働省の係官と面会し、別紙の申し入れ書を手渡して、約一時間にわたって懇談しました。
CIMG0067
厚労省からは、和田淳平人材養成・障害認定係長、杉渕英俊自立支援振興室社会参加支援係長が出席。
身体障害者福祉法では、聴力レベルで、障害者と認められていないが、難聴のために補聴器を装用しないとことばの獲得が遅れ、学力の向上や学校生活に大きなハンディキャップをもつ子ども達のために、国として補聴器購入のための助成制度を確立してほしい。
CIMG0072
約80%にまで自治体の助成制度は広がってきたが、地域的な間バランスは埋まっておらず、障害認定においても、従来の数値で線を引いてしまわずに、国際生活機能分類(ICF)の考え方を導入し、「障害者権利条約」の批准にふさわしい対応をすすめていくべきだと訴えました。

厚労省は、子ども達の困難には理解を示し、今後とも協議を続けて行くことになりました。
hsusu


久保山茂樹編著 「子どものありのままの姿を保護者とどうかかわりあうか」発刊

378950_122797657832205_800325914_n
国立特別支援教育研究所の久保山茂樹先生の最新の冊子が発行されました。
この冊子は、岡山県の通級指導教室の担当者を長年務められ、現在ノートルダム清心女子大学で活躍されている青山新吾先生が編集代表を務められています。
このたび、青山先生から、冊子の紹介の記事を書いていただきましたのでご紹介します。

『子どものありのままの姿を保護者とどうわかりあうか』学事出版から出た久保山茂樹先生の新著です。
このたび学事出版から特別支援教育ONEテーマブックシリーズが刊行されました。派手さはないけれど、特別支援教育にかかわる課題に迫っていくため、エッジの効いたONEテーマを設定し、家庭や地域、園や学校等の現実のエピソードを大切にして記述していくシリーズです。
久保山先生のこの1冊は、保護者とどのように子どものことをきょうゆうしていくことが、子どもの,親子のしあわせにつながるかというテーマのヒント満載です。「保護者の歴史」を尊重し、保護者の「おもい」とのズレを自覚して進む。噛みしめていけば味が出る1冊を、様々な職種の方々や保護者の皆様に読んでいただければ大変嬉しく思います。
ノートルダム清心女子大学 青山新吾

EPSON MFP image
この冊子はAmazonで購入できます。

Amazon


JDからの情報です。北海道新聞掲載の藤井克徳代表の講演記事

藤井克徳JD代表が9月末に北海道札幌市で行なった講演「障害者権利条約からみた今日の福祉施策の問題点」について、地元・北海道新聞で掲載されましたので、記事を掲載します
タイトルは障害者の暮らし困難 権利条約の“奏で方” カギ とあり、東日本大震災の障害者死亡率が一般住民の2倍だったこと、障害者所得が極端に低く貧困につながっていること、平和問題関連にも触れ、東京都最古の精神科病院入院患者の死亡者が1942年176人が終戦の1945年は478人に激増し、それは食料供給を止めたため、などと合わせて、権利条約という同じ楽譜があっても、政治や市民をも含めた奏で方如何で障害者の生活から社会全体の構造が全くちがってくる、奏で方がかぎ、と話されました。

jd


JDから 「盲ろう者のための本音ラジオ~もっと毎日を楽しみたい編!」のお知らせ

みなさま

NHKラジオ番組「きいて、きかせて」のご案内です。

**
視覚と聴覚の両方に障害がある盲ろう者。
日本では推定14000人以上ですが、
法的な定義づけもなく、情報入手にも大きな制約がある中、
孤立している人は少なくありません。
その本音に迫る「盲ろう者のための本音ラジオ」。
盲ろう教育、盲ろう者の社会参加、差別の解消など、
語るべきことはたくさんありますが、今回のテーマは、
「もっと毎日を楽しみたい」でした。

ゲストは3人の魅力的な盲ろう者。
「“おしゃべり”が大好き!」と語る25歳の女子、荒(あら)美有紀さん、
生まれつき視覚と聴覚に障害がありながらも大学に進学した22歳の森敦史さん、
2人の“お父さん”のように場を明るく盛り上げる東京大学教授の福島智(さとし)さん。

みなさんの“おしゃべり”は、さわる手話「触手話」や、
指と指を重ねて伝える「指点字」など、
通訳介助のみなさんを通しての会話でした。

この夏、新幹線での1人旅に挑戦し、「鉄道が大好き!」という森さんに、
「見えなくて、聞こえないのに、どこが面白いのかな?」と福島さん。
荒さんからもさらなる質問が。森さんの意外な答えは・・・?

放送は昨晩24日(日)の夜、19:30からでしたが、
全文テキスト公開が8月31日の朝8時から、また、
再放送は同じく31日の朝7時半からあります。

番組HP: http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/


平成27年度厚生労働省・文部科学省、国家予算編成に関する要望書

この度、全国ことばを育む会は、平成27年度厚生労働省・文部科学省、国家予算編成に関する要望書を提出しました。
文部科学省に対しては、
1)インクルーシブ教育システム構築のため、特別支援教育の推進を図るうえで、人的諸条件の整備。
2)幼児児童生徒の障害の重度・重複化、多様化に対応した教育の充実。
3)発達障がいのある児童生徒に対する教育的対応の充実。
を求めています。

厚生労働省に対しては
1)就労への支援の充実。
2)生涯にわたる支援体制構築の開始。
3)批准された「障害者権利条約」の立場から、国内法の整備を早急に行う。
4)手話を言語として認知する「手話言語法」の制定を要望する。
5)東日本大震災で被災した地域の障がい児のための予算措置
を求めています。
Microsoft Word – 平成27年度文部科学省・国家予算編成への要望書(2014-6-27)
Microsoft Word – 平成27年度厚生労働省国家予算編成への要望書(2014-6-27)


厚生労働省「障害児の施策に関わる検討会」報告書の送付  全国特別支援教育推進連盟事務局

全国特別支援教育推進連盟事務局より、厚生労働省「障害児の施策に関わる検討会」報告書が送付されてました。
これからの障害児の施策をめぐって、多角的な検討がされています。長文ですのでPDFファイルで掲載します。

(表紙)
HYOUSI

今後の発達障害児のの方向性 厚労省(PDFファイル)